逗子の公園

海の街、神奈川県逗子市の公園をご紹介するブログ

【公園基本情報】桜山中央公園

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

sakurayamachuoukouen

基本情報

  • 所在地:神奈川県逗子市桜山5-375-11
  • 広さ(面積):31,823㎡(約9,630坪、テニスコート5つ分くらいの広さ)
  • 付近の標高:約53m
  • 主な施設:アスレチック遊具、すべり台、トイレ、駐車場(約8台)など
  • その他:この公園は津波一時避難場所に指定されています。
    (典拠:逗子市公園マップ*1

地図

アクセス

近くの公園

体験記

  • 【体験記】桜山中央公園に行ってきました!(準備中)

他の【公園基本情報】

外部リンク

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ

*1:但し、「主な施設」について、逗子市公園マップの情報と現状が異なる場合は、現状を書きました。

【体験記】ハイランド西ケ丘公園に行ってきました!

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

highlandnishigaokakouen

ハイランド西ケ丘公園

 こんにちは、公園好きです!みなさま、お元気ですか?
今日は、久木の逗子ハイランドのなかにある、ハイランド西ケ丘公園に行ってきました。

公園まで

 この公園の目の前にダイチャリ置き場(ダイチャリ ハイランド自治会館)があるので、今回は、迷わず、ダイチャリでアクセスすることに。けれども、逗子ハイランドの坂は長いので、電動自転車とはいえ、ちょっと大変です。がんばりました。

公園に到着

 公園に着くと、いつものように、看板が迎えてくれます。他の公園でもよく目にする、茶色の板に白いペンキで横書きで公園の名前が書かれた木製の看板です。少し古びていて、ペンキが全体的に落ち始めてしまっています。看板自体も気持ち斜めに傾きぎみです。でも、なんともいえない味わいが出て、「いいね!」

kouennokanban

公園の看板

 看板の前には、花壇が。ノースポールでしょうか、白い小さな花がとてもきれいです。その他にも、ビオラやパンジーが植えられていて、華やかです。地域のみなさんで、この公園を大切にしているのが伝わってくるようです。

kouennoiriguchiyokoniarukadan

公園の入口横にある花壇

 花壇の前には、自治会館あります。ダイチャリ置場の名前も「ダイチャリ ハイランド自治会館」ですし、この辺りが、地域の中心であることがわかります。

hairandojichikaikan

ハイランド自治会館

遊具チェック

 園内の遊具をチェックします。遠くの方に、彫刻作品を思わせる真っ白いオブジェがあります。とても気になります。遊具なのでしょうか。とにかく、近づきます。近くに行って見てみると、数本の曲がった棒を組み合わせてできている遊具であることがわかりました。登ることができておもしろそうです。オブジェとしても見栄えのするものです。このような遊具は始めてみました。
 そういえば、逗子ハイランドの中にある公園には、他の公園ではあまり目にすることのない遊具がありました。例えば、ハイランド朝陽丘公園のピラミッド、ハイランド夕陽台公園の迷路などです。どれも、オブジェとしてその公園のシンボルとなるにふさわしいものばかりでした。なんか、オシャレだ。

shiroibounoyuugu

白い棒の遊具

 白い棒の遊具のとなりには、すべり台があります。それら2つの遊具の周りを広々とした砂場が囲んでいます。

suberidai

すべり台

カエルの水飲み場

 遊具から離れ、公園の奥のほうを散策することに。木陰にベンチがあり、ひと休みやお昼ご飯を食べるにはもってこいです。

hitoyasuminimottekoinobenchi

ひと休みにもってこいのベンチ

 ベンチの裏側に、なにやらオブジェを発見。近づきます。カエルの形をしています。正面にまわると、水飲み場でした。水飲み場も、水を飲むために近づくときは、その形にはほとんど気を留めませんが、こんな折に、改めて、その形に着目してみると、立派なオブジェのように見えました。白い棒の遊具と同じように、なかなかオシャレです。水は出るのかなあ、と蛇口をひねってみると、出ました。当たり前ですね。カエルがうがいをしているようでした。

kaerunomizunomiba

カエルの水飲み場
(水の出るようすは<こちら>)

 こういう水飲み場はどういう方がつくったのかも気になりました。考えてみれば、公園ができるまでにはたくさんの人がかかわっているのでしょう。県や市の方たち、遊具などを実際につくる方たち、地域の方たち、そうしたみなさんが、ここにはこんな遊具を置いて、こんな公園にしようなど、会議を開くのでしょうか。おもしろそうな仕事だなあ。小さい頃は、公園好きといっても、今のような公園好きとはまた違いますし、公園をつくることに、おもしろさを感じることも、興味を抱くこともできませんでした。でも、今頃になって、公園をつくるお仕事をするには、どんな資格をとって、どんなところで働けばいいのだろう、などと、とりとめのないことをふと考えてしまいました。

バスケットゴール

 少年時代、バスケットゴールは憧れでした。基本的には、体育館にしかないので、特別のもののように思えたからです。実際、バスケットゴールがある公園はほとんどというか、ありませんでした。虫取り網の網の部分を取り除いて、鉄の輪っかの部分を利用して、バスケットゴールをつくった覚えがあります。でも、壁に水平につかず、前の部分が斜めに垂れ下がってしまいます。しかも、すぐ落ちて、壊れてしまって・・・けれども、最近は、バスケットゴールがある公園が増えてきました。この公園もその1つです。この公園の他には、第一運動公園にもありました。少年時代にこんな立派なバスケットゴールが公園にあったらよかったのになあ、と思いました。

basukettogouru

バスケットゴール

 バスケットゴールの前に広がる広場は、とても広いです。子ども会のソフトボールや、少年野球の練習に十分使える広さです。今、ボール遊びをしてよいのかはわかりません。ただ、公園の前に自治会館もありますし、野球少年がたくさんいた昭和時代には、この公園も練習場の1つとしてずいぶん活躍したのかもしれないなあ、と勝手に想像してしました。

公園内の広場

公園内の広場

 白い棒のオシャレな遊具、カエルのかたちをしたかわいらしい水飲み場、バスケットゴールなど、内容の充実したこの公園、とても気に入りました。今も地域の中心としてイキイキしている感じがしました。

 いやー、ハイランド西ケ丘公園、満喫しました。

 最後まで読んでいただいて、有難うございました。

 さてと、次は、どの公園にいこうかな。

この公園の基本情報

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ

【体験記】沼間大山公園に行ってきました!

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

numamaooyamakouen

沼間大山公園

 こんにちは、公園好きです!みなさま、お元気ですか?

 今日は、沼間のグリーンヒルのなかにある、沼間大山公園行ってきました。

公園まで

 今回は、京急バスの「グリーンヒル」のバス停からアクセスします。このバス停には、逗19、21系統のバスが停まります。バス停から約550m、閑静な住宅街のなかを歩いて7分くらいです。公園に着くと、いつもながら木製の看板が迎えてくれると思いきや・・・この公園の看板は石でできた立派なものでした。台座は赤みを帯びた石で、御影石(みかげいし)というのでしょうか、その上に、堂々たる毛筆で、白く公園名が記されています。

kouennokanban

公園の看板

遊具たち

 園内の遊具をチェックします。あるのは、複合遊具と、スプリング遊具が3つです。まずは、複合遊具に近づきます。他の公園にある複合遊具と比べ、全体の形が少し横方向に長いような・・・。中央部分に、数本の綱を横に渡してあるところがあり、1本1本の綱を足掛かりに、渡れるようになっています。横長に感じるのはそのせいです。チューブ状のすべり台も、他の公園の複合遊具のものと比べ、心なしか長いような気がします。

fukugouyuugu

複合遊具

 スプリング遊具に近づきます。可愛らしい動物の乗り物が、均等の間隔で3つ並んでいます。向かって左から、パンダ、コアラ、おうまさん。パンダとおうまさんは、才戸子ども広場にもありましたた。ただ、この公園のおうまさんは、真っ白。才戸子ども広場のものは茶色でした。

supuringuyuugu

3つのスプリング遊具

沼間大山公園と沼間大山緑地の違い

 この公園に来る前、逗子の公園マップで確認したところ、「沼間大山公園」と「沼間大山緑地」が載っており、マップ上でも、同じような位置にありました。名前も似ているし、場所もほとんど同じようだし、実際はどんな感じなのだろう、と気になりながらやってきました。同じ公園なのかなあ?それとも、同じ敷地内に違う公園が2つあるのかなあ?いろいろ想像していました。公園に来てみると、すぐに分かりました。「沼間大山公園」を入って右側に山につながる坂道があって、その坂道のフェンスに「沼間大山緑地」へと導く看板が貼ってあったからです。

numamaooyamaryokuchiwosashishimesukanban

「沼間大山緑地」を指し示す看板

 そっかー、この坂道を登って行くと、沼間大山緑地につながっているのかあ。この公園の背後にある山全体が「沼間大山緑地」であるらしいのです。時間があれば、山深く緑地に入ってみたいのですが、時間も備えもなかったので、少しだけ登ってみることにしました。

numamaooyamaryokuchienonoborikuchi

沼間大山緑地への登り口

 雑草に覆われた階段を登り始めます。公園の奥にあるコンクリートの壁の上部に山道があり、左下に公園を見ながらその道を進んでいくと、本格的な山道に入っていきます。三浦半島の低い山独特のジメジメした感じのする雰囲気。植物も似通っています。ササ、シロダモ、タブ、ミズキ・・・。歩いている間中、タイワンリスのカタカタカタカタという鳴き声がずっと響いています。いつも思うのですが、この音はどのようにして出しているのでしょうか。喉を鳴らしているのか、それとも実は鳴き声ではなくて、木の皮をあの鋭い歯でかじっている音なのでしょうか。ご存じの方がいらしたら、教えてください。

numamaooyamaryokuchietotsuujiruyamamichi

沼間大山緑地へと通ずる山道

 もっともっと進んでみたい衝動をこらえ、今回は、ここまでで引き返すことにしました。湿気の少ない、秋晴れの日などにハイキングすると気持ちがいいかもしれません。今度来るときは、沼間大山緑地に入って行ってみたいです。

 いやー、沼間大山公園、満喫しました。

 最後まで読んでいただいて、有難うございました。

 さてと、次は、どの公園にいこうかな。

この公園の基本情報

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ